おやじの会

おやじ農園で作業する親子たち
今年度から「八本松おやじの会」というお父さん達が地域ぐるみで子供たちの健全育成に寄与する団体に入会しました。スローガンが「できるときに、できることを、できる人が」で強制的な部分がなく、とても気に入っています。
防犯活動のような子供たちを見守る活動もありますが、どちらかというと子供達やおとうさん同士で様々な行事(飲み会を含めて)を一緒に楽しむ団体という感じです。
4月29日に早速、おやじ農園で畑を耕し、野菜を植えつける作業がありました。大人は鍬やスコップを使いうねを作る簡単な作業でしたが、普段あまり体を動かす機会がない当方にとってかなり重労働でした。体を動かしている時間よりも、鍬を杖代わりに「ボー」と立っている時間のほうがよほど長かった気がします。
それでも、子供達が嬉しそうに苗を植えつけたり、水撒き(半分は水遊び?)を見ていると自分が子供の頃に同じ経験をしたことがふと思い出されました。
今回、娘は参加できず残念でしたが、収穫の際は必ず連れてきて収穫の喜びを一緒に味わいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA