ナビに一言!

13日に、友人のオフィスに行ってきました。
初めて行くオフィスだったので一応その経路をネットで調べ、さらにナビを使って行きました。ところが、行きも帰りも遠回りしてしまいました。原因は搭載しているナビで、最短コースがあるにもかかわらず、道幅の狭い経路を避けて遠回りさせてくれます。ネットで調べたデータでは『次は右のはず・・』と思いながら『300m先を左です』と言われてしまうとつい逆らえなくなります。逆らってうまくリルートしてくれることもありますが、強引に戻そうとして逆に時間がかかってしまう恐れもあるので最近は素直に聞いています。気がつかないうちに機械に支配されているのかも知れません。
ナビを搭載している人は、自分のナビの癖を知っていると思います。
癖の大部分はプログラムを組む際のアルゴリズムが原因です。私の場合、高速道路を優先しない設定にしておくとバイパスなどの無料の自動車専用道路は通してくれません、また、立体交差では信用できないことがあります。格安のナビのせいかもしれませんが。
もちろん良いこともあります。到着時間のずれが少なくなるし、昔に比べて助手席の妻との喧嘩が少なくなりました。道を間違えても機械に怒るだけで、反応がありませんから。また、山道で濃霧や雲で視界がほとんど見えない時も目の前のカーブを知ることができます。ラリーの気分です。
※お断り
決して走り屋ではありません。便利ですが、信頼しすぎると恐い結果となってしまいますので真似はしないでください。
カーナビ一つ考えても初期の頃から進化しています。これからも精確さや機能は追及されるでしょう。でも私としては精確さや機能だけを追求したナビより、スターウォーズのC3POのように人間らしいロボットのようなナビが普及するのを心待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA