今度の道路交通法改正

今回の道路交通法の改正には、多くの方が様々な意見をお持ちだと思います。当方の場合、車で急いでいるときに不法な駐車違反が原因で道路が渋滞していたり、危うく事故を引き起こしそうになるような時は、『なぜ人の迷惑も考えず、こんなところに駐車しているんだろう。』と思うことがあります。一方、仕事でお客さんのところに行く際は、周辺の駐車場がどこも満車で止められず、取り締まるなら不要な道路を作らないで、駐車場の整備した方が良いのではないかと思うこともあります。
今回の道路交通法改正の問題点は、不公平感にあるような気がします。
ニュースで放映していましたが、シールを張られる前ならOKだそうです。委託業者の取り締まりレベルで格差が出そうです。また、放置せず誰か乗っていれば違反ではないということで、大手配送業者は番をする求人を募集しているそうです。アルバイトを雇うことの出来ない個人事業主には不利な法律です。郵便局の車は対象ではないそうで、民間の同じような仕事をしている方の心中も察します。携帯でもありましたが、タクシーの無線はOKというのも同様、あいまいさによる不公平感を感じないではいられません。本来の目的はどこにあるのでしょうか?
もうひとつの問題点は、取締りを民間業者に委託した点です。
これはどなたも感じているのではないかと思います。委託された業者は、それなりの講習を受けたり、資格を取得していると思いますが、取り締まられる側とのトラブルは避けられないと思います。みなし公務員で、逆らうと公務執行妨害ということで三年以下の懲役又は禁錮になりますが、事件にならなければ良いと思います。また、委託業者になりすました詐欺は大丈夫でしょうか?法律を施行する前に委託した業者の身分証明などしっかり国民に説明しておいてほしいと思います。

今度の道路交通法改正」への8件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA