個人情報漏洩問題

JUGEMテーマ:日記・一般
 

ベネッセコーポレーションの個人情報漏洩問題が話題なっていますが、今回の漏洩問題に不思議な点があります。
通常なら漏洩した企業の責任問題だけが取り上げられますが、今回は使用したと思われるジャストシステムさんまで巻き込み報じられています。
ベネッセ(岡山市)さんとジャスト(徳島市)さんはどちらも子供教育のライバル会社だと思います。
今日の株価を見るとなぜかベネッセさんよりもジャストさんの方が打撃を受けています。
漏洩した件数が報じられ、これほど多くの情報を収集していたのには驚きです。
ベネッセさんの個人情報の収集方法は本当に法律の範囲内で集められた情報なのでしょうか。
うちの子供たちも過去にお世話になったことがありますが、なぜか案内は引っ越ししてもきちんと新しい住所に届いています。
個人情報保護法という法律ですが、一部の企業の情報漏洩だけが問題になっていますが、多くの他の企業や庶民レベルでは意識も薄く問題があっても放置されている気がします。
先日父が亡くなり家族葬を葬儀場で行いましたが、亡くなってから、進物屋、仏壇屋、墓石店、中には隣の市からお寺さんまで毎日のように押しかけられました。
新聞にも掲載されていませんし、葬儀場の苗字だけで特定するのは困難なことだと思います。
業者はビジネスかも知れませんが、亡くなった家族としては、まったく迷惑な話です。
個人情報のビジネスがある限り、個人情報漏洩問題はなくならないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA