収束しないエンブレム問題

2020年東京五輪、パラリンピックエンブレムが4月25日に決定しましたが、ネットでは早くも問題になっています。

国民は自分たちも参画してエンブレムを決定するものだと思っていたはずです。ところが、蓋を開けてみると一般は意見だけ、最終的には審査員による密室での決定。透明?事前に行った他のサイトのアンケートでは最も少ないデザインでした。
これで「意見は取り入れた。」って言われても国民は納得しないと思います。

五輪エンブレムは、美術品と異なり、プロ、素人関係なくより多くの日本人が支持するデザインが相応しいと思います。商標権にかかるデザインは除外しても。

デザイン以前に国民を巻き込んでおきながら、一般投票で決定しない選考方法、誰も問題視しなかったのでしょうか?
出来レースと言われても仕方がないと思います。

今回の問題は、単にオリンピックのエンブレムということではなく、この国が抱えている象徴的な問題の気がしてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA