新型インフルエンザ

地元の小学校では、本日から関西方面に修学旅行でしたが、延期になったようです。
厚生労働省は、水際の対策といって海外からの渡航者について疑惑のある人についてあれほど騒いでいたのに、いざ感染者が増えると自治体にまかせっきりという感じがしてなりません。
『冷静な対応で』ということをよく耳にしますが、増える感染者の人数を発表するだけでどう冷静な対応すれば良いのでしょう。
『マスクをすること、出きるだけ外出を控える』など、誰が考えてもあたり前のことしか報道されないテレビにうんざりです。
各自治体の対応については、異なる対応しても意味がないような気がします。重要な部分は、国として決めておくべきことではないのでしょうか?
マスクが売り切れていたり、相談窓口がパンク状態だったり、ベッド数も確保できないなど、もし、毒性の高い鳥インフルエンザだったら国民は、パニック状態だと思います。
ワクチンの開発も遅れているし、タミフルがはっきり『利く』と言えば、それを求めてパニック状態になるでしょう。
新型インフルエンザは、日本の危機管理能力が問われていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA