書店の雑誌コーナー

書店の雑誌コーナーは,その時代の流行を表しています。
興味あるユーザーが多ければ同じタイトルの雑誌が並ぶし,定期的に発行している雑誌の厚みも流行のものさしになっていると思います。
最近,パソコンコーナーは次第にその領域が狭くなっており,携帯端末に関する雑誌の領域が増えています。今はパソコンからモバイル機器に移行しつつある時代と言えるかもしれません。そういえば,パソコン初心者を対象としたパソコン雑誌が以前に比べると激減している気がします。
興味深いのは,Linux(OS)に関する雑誌が増えていることです。ubuntsuの雑誌が複数置かれているのに驚きました。当方も以前からubuntsuをCDから起動し保守用として使用していますが,Windows上のアプリケーションの代わりとして利用していません。
ubuntsuが今後どうなるか,書店の雑誌コーナーで見極めたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA