無線LANの干渉

Network Stumbler
ノートPCやゲーム機などの普及で無線LANは、各家庭でも欠かせないものになっています。
我が家でもIEEE802.11b/gの無線LANを利用していますが、先日、急に無線LANのスループットが落ち、時々回線が切れてしまう現象がありました。
これまで問題なくつながっていた点や全くつながらないという状態でなかったので、電波干渉が考えられました。
最近の無線LANルーターは、電波干渉を自動的に検出し、他のチャネルに変更してくれる機能があったり、新しい規格の802.11nが出回り始めているので、それを利用している方は、電波干渉の問題は起きにくいと思います。当方のように少し前の無線LANルーターを利用し、電波干渉が発生する場合は、手動でチャネルを変更しなければなりません。
チャネルの変更ですが、1チャネル変えても周波数の間隔が狭いため改善されないことがあります。アクセスポインタと数台のノートPCに4チャネル離して設定しました。Wiiと別のPCにチャネルを設定する項目部分がなく変更できませんでしたが、それぞれネットへのアクセスは改善されました。
念のためにアクセスポイントの受信状態を測る『Network Stumbler』(フリー)というツール(画像)を使って、変更したチャネルが問題ないことを確認しました。
無線LANですが、最近はWEPの暗号キーを引き出すクラッキングツールが出回っているようです。暗号キーを忘れ、さらに、無線ルーターに入る認証を忘れた方にとっては、便利なツールかも知れません。
当方にとっては、悪用されないよう自宅の無線LANのセキュリティを見直す必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA