​大切なDNSのスピード

JUGEMテーマ:インターネット

インターネットの回線の状態や通信速度も問題ないのにブラウザの表示が遅かったり、”インターネットにアクセスできません。”と表示されることが時々あります。
試してみると面白いことがあります。
それは、DNSサーバーの設定です。
DNSサーバーはドメイン名(例 bingo-web.net)をIPアドレスに変換してくれるサーバーのことですが、通常はプロバイダから指定されていたり、自動取得になっています。ただ、プロバイダのDNSサーバーに不具合があったり、遅ければ上のような現象が発生します。
「Google Public DNS」という汎用的なDNSサーバーがあります。
「8.8.8.8」「8.8.4.4」がそのサーバーのアドレスになります。
もちろんプロバイダのDNSが早い場合もあります。通信速度は速いのにWebの表示が遅いという方は試してみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA