Microsoft OfficeやWindowsライセンスキーの管理 (備忘録)

複数のPCがあり、どのPCにどのWindowsやOfficeのライセンスキーを割り当てたか識別する方法。

※ライセンスキーの下位5桁のみ表示させる方法

1.Microsoft Officeライセンスキー
Officeソフトウェア保護プラットフォーム スクリプト “ospp.vbs”

ボリューム ライセンス版のOffice製品のライセンス認証管理ツール。
オプションでライセンスキーの下位5桁を表示させることが可能。

【手順】
(1)”ospp.vbs”ファイルの場所検索
(2)コマンドプロンプト起動し”ospp.vbs”のあるフォルダに移動
(3)cscript “ospp.vbs” /dstatus 実行

ospp

※詳細は以下のサイト
Office 2013 のボリューム ライセンス認証管理ツール
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee624350.aspx
2.Windowsアカウントライセンスキー

ボリュームライセンス認証コマンド ”slmgr.vbs”

Windows OS の試用期間を延長したり、期限を過ぎてライセンス認証を行うコマンド。
オプションでWindowsアカウントの下位5桁を表示させることが可能。

【手順】
(1)コマンドプロンプト起動
(2)slmgr /dli 実行

slmgr

slmgr2

 

※詳細は以下のサイト
ボリューム ライセンス認証のための slmgr.vbs のオプション
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn502540(v=ws.11).aspx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA