Outbound Port25 Blocking

以前からメールのプロトコル(規約)というのは、不完全なプロトコルというイメージがありました。何が不完全かというと、受信時は、サーバー(サービスを提供する装置)に入る際にアカウント(ID,パスワード)を使ってメールを読みに行くのに対し、送信時はサーバーの名前を知っていれば、アカウントの認証なしに誰もがそのサーバーを使用することができてしまうということです。このプロトコルが現在の大量のスパム(迷惑)メールを生み出した要因の一つになっていると考えられるからです。
ISP(プロバイダ)もサーバーの負荷を軽減するために、今まではPOP before SMTPという方法で対策して来ました。最初に受信してアカウントを確認した後でしか送信できないという方法です。しかしながらISP会員のサーバーではなく外部の送信メールサーバーを利用した場合は全く効果がありませんでした。
今回、当方の契約しているプロバイダでOutbound Port25 Blockingと呼ばれ機能が採用されました。これは、外部の送信メールサーバーへのポートの遮断です。今後多くのISPで採用されれば、大幅なスパムメールを防ぐことが出来ると思います。
ISPのメールアカウントを利用せず、取得したドメインのメールアカウントを利用されている方は、メーラー(メールソフト)の設定を変更しなければなりません。『メールの送信ができない』という苦情でかなりの混乱も予想されます。それでも、現状のネット上の詐欺やスパムメールには、必要な技術だと思います

1 thought on “Outbound Port25 Blocking

  • どこからでもあなたのパソコンを遠隔操作

    世界中のどこからでもあなたのパソコンを遠隔操作 COOLGATEパソコンのUSBにクールゲートを差し込みワンクリック!これだけで自宅や会社のパソコンにアクセスできます。【ワンクリックで貴方のPCにアクセスします】PCの遠隔操作ならクールゲート。外出先のパソコ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA