WiMAX端末の行方

JUGEMテーマ:インターネット
 

WiMAX
WiMAXを契約し2年後に他社プロバイダ乗り換えると以前のWiMAX機器が余ってしまいます。
残ったWiMAX機器の再利用ですが、解約後もWi-Fi機能は利用可能ですので有線でインターネットされている方は無線LANアクセスポイントとして利用できます。前提としてクレードルが有り、ブロードバンドルータとの接続ができる場合に限ります。
スマホやタブレットをお持ちの方は家で無線LANは当たり前かもしれません。すでにある方も電波が届きにくいところに追加するのも良い方法と思います。(そこまでLANケーブルを引く必要はありますが・・・)
ホテルなどでの利用でも有線LANが設置されているホテルは多いと思いますが、無線LANが無く、スマホやタブレット、薄型のPCなど有線LANが使用できない、あるいは、複数の端末を同時に利用できない場合に使う方法もあります。
無線の暗号も設定済みですから接続だけで簡単です。
すでにLTEでテザリングの契約されている方やWiMAXなどを使用している方はホテル内の電波が弱く速度が遅かったり、届かない場合の利用が良いと思います。
※ホテルによっては利用を禁じている場合もありますので注意してください。
最近契約したWiMAX(AtermWM3800R)はUSB給電機能付きですので次回契約が切れた際はバッテリーが劣化していなければスマホのバッテリーの緊急予備電源としても利用したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA