Windows10のバージョン管理

  • by

Windows11が発売され注目されていますが、Windows10もまだまだ現役で活躍するOSだと思います。

注意しなければいけない点は、Windows10は10の中で大幅なアップデートが繰り返し行われており、その細かいバージョン内でサポートの期間が決まっています。先日アップデートの重要性を書きましたが、きちんと管理しておかないとマルウエアやウイルスの温床に悩まされることになり兼ねません。

「Windows7ではなく10だから大丈夫!」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、正確には誤りです。

10は基本的に自動的にバージョンアップされますが、サポートでお伺いするとPCをあまり起動しない方やネットに接続する時間が短かったり、回線速度が遅い方が古いバージョンのまま利用されているケースに遭遇することがあります。

現在のバージョンを確認する方法ですが、Windowsの検索窓で”winver”を検索していただいたり、直接Windows+Rで”winver”コマンドを実行すると詳細バージョンを知ることができます。

古いバージョンの方の対策ですが、PC立を立ち上げネットに接続していることを確認し、あとは何もせず放っておいて再起動させてください。それを数回行えば最新になっていると思います。
手動で行う場合は”スタート”→”設定”→”更新とセキュリティ”→”更新プログラムのチェック”ボタンをクリック。あるいは、マイクロソフトのサイトから最新版をダウンロードしアップデートすることも可能です。

サポートが終了しているWindows7を利用されている方のお宅にお伺いすると時々マルウエアを入れてしまっていることがあります。Windows10でも同じようなことが考えられますので注意して利用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください